Skip to content

フィギュアの箱を捨てずにとっておいた結果w

こんばんは、さい太です。

フィギュアの箱。

ある人にとってはコレクションを彩る重要なアイテム。
ある人にとっては無用の長物。

場所とるからとすぐ捨てる人。
箱も商品のウチだとコレクションとして保管する人。
売る時用に取っておく人。
箱の状態で飾る人。
そもそも買う段階ですら箱を厳選する人。

拘る人はトコトン拘るし捨てる人はあっさり捨てる。
それがフィギュアの箱。

私は「箱も商品のウチだとコレクションとして保管する。」「売る時用に取っておく。」の扱いです。

さて、とは言えフィギュアファン共通の悩みとして「保管場所」にも限りがある訳で。
人によってはそもそもとっておけない状況だったり、家を引っ越す猛者もいるほど大きな悩みだったりします。
(フィギュア系ユーチューバーとか家族と別居したりする人も居るとかなんとか・・・。)

と言う訳で、私もその昔、リボルテックをせっせと集めている頃、自室の保管場所が限界を迎えたため整理をすることに相成りました。

そして、整理の最中リボルテックの箱だけでもとんでもないことになったので撮影してみた結果がコレ⇩


ドンッ!


バンッ!


ババンッ!

積み上げてたら部屋から出れなくなりました。(´・ω・`)
以下、リボの箱語り。
文末にここまでフィギュア好きだった私が何故に月に1、2体程度しか買わなくなったのか、書き始めたら真面目な話しになってた。
よろしくどうぞ!⇩

※画像は趣旨の関係上、画的に一部見苦しい部分もございます。
潔癖な方は閲覧非推奨。

スポンサードリンク


と言うことで、掃除もそっちのけで箱並べに夢中になりだすアフォw
先ずは第一世代をずらーっと。
この頃は箱の基本サイズは全て一緒。
カテゴリーもスーパーロボット(赤)、リアルロボット(青)、ヒューマン(緑)と分類されていました。
帯もぐっさんのコメントが入ってたりして結構凝ってましたね。


そして第二世代(1年目)へ。
これを機にカテゴリー別けを廃止。全てオレンジ色になり箱のサイズも付属品により厚みが変化する様に。
コンパクトになって保管が多少楽に。
帯は普通に宣伝用となり別段面白味はなくw


第二世代(2年目)。
特に1年目から変更はなく。後半は箱の色が多少変更に。
ここからはぐっさんモチベダウン&マンネリ化もしていた為一旦休止に。
どうもフレンデショップ絡みで揉めたこともあった要で、フレンデショップシステムも廃止。
それの影響でトイザらスでメッチャ投げ売りされてましたねw
(確か、対象商品4体買えば1体200円とかそんな感じだったか。)


エクストラ枠&極端に箱のサイズが違ったレーバテイン。


フロイラインBOX。
とにかく保管しにくい中途半端なサイズと形w
素体は初期の頃はアレでしたが、後期の状態でリリースしていたらもっと評価は良かったかもですね。
エヴァ破以降の素体は完成度高いです。


限定もの。基本的にシールが貼ってあるだけ。


ハルヒ系。
素体元がゲームの限定版なうえ各種パーツは各雑誌の付録って言うw
でも全部揃うと相当差し替え遊びができる良品。
故に売り方ェ・・・。


ダンボーシリーズ。
通常版とミニ。箱のラベルはフェイクやw
再現度いろいろ高くて草。


雑誌の付録ものと、プロトタイプリボ球を使っているケロロアクションフィギュア。


諸々積み上げるとこんな感じ。


全体図


積み上げて遊んでいたら部屋から出れなくなったw


処分したブリスター。
2袋も消費。やばw


押し入れは限界突破w


ここからはネオリボルテックシリーズへ移行。
画像はアッセンブルボーグ。

スポンサードリンク


本などの録箱と鬼デカイジェノブレBOX。


通常のネオリボルテックBOX。サイズは全てシリーズ共通。
アッセンブルボーグには輸送用の専用の外箱。(後半は専用の箱になる。)
側面はヤマグチは赤、QBはピンク、特撮はブラウン(?)、フロイは水色、北斗はパープルで統一。


どんどん積み上げていくぜ!※目的は整理と処分です。


マブラヴとか懐かしいw
元ネタ知らないけどデザインがドストライクだから一応フルコンした。
(売ろうにも投げ売り状態で売れずw)


コレで最後や。


サイズ違いでも徹底的にデザインを統一しているあたり拘りを感じる。
だから捨てにくいのですよw


フィギュアの箱(しかも1つのブランド)だけで棚をも超える高さに・・・。


じぇんがができる。(混乱)


もはやリボの箱しか入っていない押し入れ。(怖すぎるwww)


リボックスロードができてたわ、流石に。


リボックスタワー建ったわ。ここで暮らそう。(錯乱)

はい、と言う訳で、フィギュアの箱を整理ついでに遊んでたら道やらタワーが出来たと言う話しでした。(は?)

なんだろう、メッチャ好きでよく集めてたな~と懐かしくなる半面、
今見ると狂気に近いものを感じるw

ネオ以降はサイズ統一されていたため、管理が楽&積んでて楽しかったのを覚えてます。
これが若さか・・・。←言うて30前半

で、流石に管理しきれなくなった&何の前触れもなく突然冷めたため、
1年かけてネットオークションでフィギュアを売り続ける副業状態になると言うw
ムカツクこともあったけどw、常連さんがついたり、交流があったり楽しいこともあったなあ。
正直もう二度とやりたくないけどw

と言う事で、現在は適度に処分して余裕のある押し入れになっているので悪しからずw

・フィギュア集めと真面目に向き合った結果

私はここまでアホみたいに集めて1つの自分の目的と言いますか、何のために買っているのか、と言う部分にやっと気づくことができました。

どうも私は「買ってから」より「買うまで」が一番楽しいタイプの様で、「気に入ったモノをとにかく集める」のが自分の主目的だった様で。
実際問題、余程気に入らない限り箱から出した時の1回くらいしか遊ばなかったんですよね。
(もちろん気に入ったものは遊び倒してましたがw)

で、何かに憑りつかれるかの如く「リボだから集めるわ」みたいな感じで、元ネタ知らなくても、そこまで興味のない素体でも、とにかく「リボだから」と言う理由で集めまくってましたね。(いや、今思うと普通に怖いw)

一旦のストッパーとなったのが海洋堂が販売元と揉めて、第二世代で一旦打ち切りになったあの時。
それまではフルコンしてましたが「流石にやりすぎ」と思い、以降は欲しいのだけ買う様にと抑えるように心がける。

が、良いのか悪いのかリボルテックはいちいち私のツボをピンポイントでつくラインナップをしてくるためw
抑えてても結構な数を買う結果に・・・。

そんなこんなで、流石に色んな意味でマズイと思い始めてた~特にキッカケもなく急に冷める。
ホントに、別段何かあった訳でもなく、定期的に整理していたのですが、そのタイミングでイキナリ冷めましたw
「もうホトンド売っていいかな」って。

そこからはネットビジネスを勉強し始めたタイミングでもあったため、ネット売買の経験を積む意味もこめてひたすら売りました。
数が数だったので不要なものを売り切るのに1年弱かかると言うw
ほぼ副業みたいな状態になっててシンドイ時もありました・・・。

そして、売り終わった後思ったことは「売ったモノに対して何一つ後悔がない」事に気づく。
「あ~本当に心から欲しいと思えるモノを俺は買ってなかったんだな」と現実を知りましたね。

集めた事に対して後悔もなければ無駄な事したとも思ってませんが(実際集めること自体はホントに楽しかった)、
流石にこのままこんなことしてちゃ時間もお金ももったいないと思い至り、現在は厳選して買うようになったと言う訳ですね。

単純に中国の影響で高くなりましたしね。フィギュアも。

おかげで今現在は適切な押し入れの状態になっておりやすw
フィギュアが好きな事自体は変わりないですしね。(買わないだけ)

と言う事で、なんか書いていたら思いのほか真面目な話しにw
まあでも、フィギュア好きなら色んな関係で集めるのやめるかどうか悩むタイミングは多々あると思います。
私は不幸か幸いか、ホントに唐突に冷めたのですんなり手放すことが出来ましたがw
買うにしても売るにしても、後悔の無いように!とはお伝えしておきたいですね。

それでは、爆買いおじさんでした。また次回。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA