Skip to content

S.H.フィギュアーツ 魂STAGE MARVEL Ver. レビュー

バンダイ「S.H.フィギュアーツ」シリーズより、「魂STAGE」から「MARVEL Ver.」が登場!

P1140881

メーカー バンダイ
ブランド S.H.フィギュアーツ 魂STAGE
発売日 2018年5月25日
希望小売価格 1,944円(税込)

shフィギュアーツシリーズより「アベンジャーズ:インフィニティウォーシリーズ」が始動!
第二弾の中にシレっとリリースされた「魂STAGE MARVER Ver.」が発売!
魂STAGEシリーズは簡潔に言うとフィギュアーツの専用スタンド。
他のアクションフィギュアメーカーと違いアーツは基本的にスタンドは未付属。
よって購入推奨となるのですが、シンプルなタイプの単体販売は超久々。
リングアーム×収納BOXでの一般販売は初!我らがマーベルロゴ仕様で登場!

 

ロゴの魔術

 

スポンサードリンク

 

BOX

P1140501 P1140502 P1140503
・箱前後+上部
アメコミを意識したPOPなデザイン。カワイイ。
プラ窓はなく一般的な収納箱。
サイズ帯は普段のアーツ箱を若干縮めた程度のサイズ。

P1140504
・ブリスター
台紙はなし。内容物と取説。
特記事項は特になく。要するにいつものですw
ブリスターフェチに捧ぐ。
てか、ブリスターフェチって居るん?(聞くな!)

 

全体・仕様

P1140882 P1140883
・土台前後
サイズ:約140mm

スタンド中央にお馴染みのマーベルロゴがドン!っと印刷。
我らマーベルファンにとってはもはや神々しささえ感じる赤地に白のマーベルロゴ。とりあえずcool。
マーベルファンでもなんでもない女子がマーベルロゴをシャレオツアイテムに使う時代ですよ。
それほど万人を惹きつけるパワーを秘めているロゴになってますね。
我々にとってはもはや空耳でページがめくる音が聞こえてくるレベルのシロモノw
映画がフェイズ2に移行してから3Dのろg(いいから商品の話しろよ!)

基本的には恐らく限定品である「WORLD TOUR Ver.」のカラバリ。
台座は「ACT.4 for Humanoid 」を使用。色とロゴに変更があるのみ。
3箇所のアームポジションに連結用のジョイント穴ももちろんそのまま。
収納BOXの高さは約19mm。

P1140894 P1140895
・スタンド時前後
アーム付きの状態で全体。
アームは「ACT.リングコーナー」に付属した基部軸が2重で可動するものが付属。

P1140896
・サイズ比較
マフェックス・レゴ・figma・本品・電池・リボルテック
マフェとfigmaは最近買ってないので分かりませんが、大よそ最近の仕様のスタンド群。
マフェとアーツは基本的にクリップで噛ますタイプ。
figmaとリボは本体に挿すタイプがメイン。(最近リボはクリップも付属)
素体の素材が影響している模様。(硬質系か軟質系か)
こう、なんて言うか、各社被らない様にスタンドだけでも凄く気を遣っているのが伺える印象w
え?レゴ?乗せるだけだよ!

P1140892
・サイズ比較アーツ編
ACT.4 for Humanoid・本品・ACT.5 forMechanics
アーツスタンドの基本となるACT4タイプと、重量のあるものに対応したACT5タイプ。
それぞれ一長一短ありますが個人的に使いやすさはACT4がピカイチ。

P1140890
おまけとしてそれぞれの仕様にも少し触れていきましょう。
おまけとして付属する場合は上記の内容が基本となります。
(スタンド、支柱、クリップ)
単体の場合は上記が3セットに加えて素立ち用支柱とスタンド連結用のジョイントが付属。
これ1つ買っておくだけでかなり遊びの幅が広がるので地味にオススメw

P1140893
ちなみに、おまけとして付属した場合は各キャラクターに合わせたロゴとカラーリングに。
仮面ライダーはかなりの数が専用台座が付属したイメージ。
当時はスタンド付きでも今より安かったんだよな・・・。
まあ品質クオリティも上がってるので一概に言えた話しではないんですがねw

P1140891
こちらはACT5のセット内容。
概ね上記の物が3セット付属します。
支柱がかなり固いので重たい素体(スパ金とか)に適してます。
ただ、延長支柱を使うとバランスがイマイチで保持力も微妙なので空中ディスプレイは不向き。
使いどころが謎なクリップもありで、個人的には残念ながら使用頻度が低いシロモノ。。
ガオガイガー用にグリーンを買ったんですが逆に汎用性がなくなり・・・色には気を付けろ!w

P1140887
・付属品一覧
台座+ケース
支柱、ジョイント(二重)
クリップ基部、三つ又クリップ基部
クリップ1組

前述した通り台座はACT4のもの。収納ケースを外して通常のスタンドとしても使用可能。
クリップ基部は通常のタイプと空中固定向け腰から股下をカバーしたタイプの2種。
クリップのサイズも肉厚になり(肉厚言いたいだけかよw)、先端に凹凸が付き、フィギュアを引っ掛ける範囲がアップした為保持力が大幅アップ。
基部との接続も固く、クリップすり抜け落下率が大幅に減り使い心地は非常によくなりました。

クリップは1組しか付属しないので注意!
また接続部が固い為、交換時の破損に注意!
さらに、過去のクリップとサイズが違い使いまわしが出来ないので注意!
(ただ、当方が所持しているクリップが古いため、それが合わないだけかもなので注意!)

最近はシッカリと使い回しを回避してくるアーツ品質w
未所持なので検証できませんが、リングスタンド系のクリップなら同系統なので使用可能かもですね。
ACT4系統は無理でした。

P1140914
・支柱&クリップ比較
長さはほぼ同等ながらも可動個所がまったく違います。
空中アクション向けの調整で基部ジョイントが2重で細かい表情付が可能。
可動部も上部に変更され空中ポーズに対してバランスが取りやすい配置。
(通常のものだと中央で折れたり支柱が邪魔になる状況がある為。)

P1140908
・可動域1
基部2重ジョイントは2箇所とも約180度強可動。
上部ジョイントの1(画像の外側のもの)の可動箇所は画像の様に内側へ折り畳み可能。
2(画像の内側のもの)も内側へ折り畳みが可能。(画像は外向き)

P1140909
・可動域2
上部1の可動個所は外側に対しては画像の位置が限界値。
2は上記と同じ向きになっちゃってますが、画像の位置が限界値・・・失礼!

と言った具合に、スタンドなのにグリグリ可動します。
ただ、この可動配置にも一長一短あり、可動個所が多い分バランスをとるのが大変と言うデメリットもあります。
もちろんある程度強度はあるので耐えてくれる場面も多いですが、せっかく2重で基部が動くのにそのまま倒れてしまうパターンもままあり。。
ただ、ある程度解決できる方法もあるのでそちらは後述。

P1140886
いつも通り、パーツを外せば支柱基部用の穴が出来るので複数体並べてポージングも可能。
※支柱は1本しか付属しません。

P1140888
・収納BOX
本品のウリの一つでもあるスタンド兼収納BOX仕様。
存外縦幅も横幅も広く、結構多めにパーツが収納可能。
本品自体も三つ又基部以外だったらすべて収納できちゃいます。
個人的には遊んでる最中のフィギュアのパーツ入れとして使用してます。
広い上程よく深いため、パーツ漁りもしやすく、不用意な落下も防げるため思ってた以上に使いやすいです。

P1140889
・アーツマーベルシリーズで意外と入ったものと入らなかったもの
アイアンマンマーク5のケースや43の脚部、フラップやスタロの大き目のメットなど、意外と入るモノが多くてオドロキ。ちなみに、ちゃんと蓋もしまります。
反面、ハルク系のパーツやスパイディーのリュック、明らかに大きかったホークの弓は無理でしたw
キャラのパーツ量にもよりますが、上手く使えば2~3体分は収まる大きさかなと。
ちなみに、アイアンマンテンプレセットは全部入りますよw

 

アクションポーズ集

 

P1140920
私がマーベルスタンドだ!

P1140922
スタンドキィィィィィィィィィィック!!!!!

P1140921
うおぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!

P1140923
「ワタシハポージングホジョドロイドT-STmv」
SWのドロイドで居そうな感じw

P1140924
勝負だ!!!!!

P1140925
秒殺!!!!!

P1140919
ス「いつからただのスタンドだと思っていた?」
ア「なん・・・・だと!?」

P1140918
アントマァァァァァァァァァァァァァァン!!!!!!!!!

P1140930
パーフェクトスタンド

P1140927
よ、よせ!!くるなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!

P1140928
うわぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!

P1140926
屈辱のアームプレイ!

ア「らめぇ!でも・・・・(ビクンビkってどこ需要っつかスタンドとしてレビューしろよ!

はいごめんなさい真面目にやります。

 

スタンド使用感の考察

 

P1140898
キタネェモノをお見せしてしまったのでw、クリップ型スタンドと挿し型スタンドの使用感を考察。
マフェとアーツ(アイアンマン&アントマン)がクリップ型、リボとfigma(ウルヴァリン&千早)が挿し型となります。

・安定性
画像はある程度支柱を伸ばした状態のもの。
クリップ型はほぼ胴体に挟むパターンが多い為、高さはある程度一定な感じがあります。
挿し型はダボ穴の位置に左右されますがホトンドが背中or尻穴腰に穴があるため位置が一定ではない部分もあります。

安定感に関しては個人的には挿し型の方が強いと思います。
当たり前ですが、刺さっているので穴が緩くならない限りはまず落下することはありません。
クリップ型はクリップの強度がピンキリあったり、本体との相性でうまく引っかからなかったり、クリップからスリ抜けて落ちる、と言ったデメリットがあるので多少不安定な部分もあります。

P1140904
・クリップの汎用性
クリップ型は噛ませさえすれば何処にでも使用ができると言うメリットがあります。
画像の様に高い位置に固定したりする事も。
挿し型はダボ穴の部分でしか対応できないので、ある程度高さは固定になります。

スポンサードリンク

P1140900
・低空耐性
素体本体との接続部に負荷がかかるスタンドの使用例。
クリップ型の場合前述した通り不安定要素があるので、モノによると言った印象。
(画像の様に本品とマフェは保持力バッチリでした。)
挿し型も前述通りダボ穴が緩くない限りはシッカリとポージングを保持。
不安要素は基本的なメリットデメリットと同じなので、総合的に見てこちらも挿し型の方が安定感はありです。

P1140907
・立ちポーズ補助
「微妙に立ちそうで立てない」時の補助として使う時の使いやすさ。
クリップ型は「噛ませればどこでもOK」と言うメリットがあるので、バランスさえ取れれば何処でも使える点が有利。
挿し型は穴の位置が固定なのでポーズによってはスタンドをうまく接地できず安定させにくい場面も。

「微妙に~」のポーズ補助に関してはクリップ型の方が使用感はイイ感じ。

P1140901
・地上無茶使用
スタンド依存でスライディングなど無茶なポーズをさせたい時のスタンドの使用感。

クリップ型の「噛ませれれば」のメリットが活かしずらく、ほぼ腰付近になるためバランスをとらすのがムズカシく、安定感は微妙。
挿し型はスタンドの位置を縦にしたり斜めにしたりすれば結構無茶できます。
刺さってるので軸が安定してる点が強い。

P1140905
・空中真横
最後に支える軸が真横だった場合の使用感。

これに関しては両方安定してます。
クリップ型は実質クリップの上に乗るカタチになるので意外と安定します。
挿し型は言わずもがな、刺さってるのでry

以上、クリップ型&挿し型スタンドの使用感の考察でした。
まとめると

クリップ型
・本体を噛ませる事ができればある程度ポージングをフォローできる汎用性の高さ
・クリップが強ければ落下率は低い
・クリップに乗せると安定する
・クリップ強度、本体との相性により落下率が変動(不安定)
・噛ませれたとしてもバランスが取れないパターンも少なくない

挿し型
・本体に挿すため基本的にはバランスの安定感は抜群
・どう言った状況でもほぼ安定してポージング補助が可能
・着脱が容易
・穴の位置が固定の為、汎用性は低い
・ある程度使用すると穴が緩くなる場合もある

と言った具合でしょうか。
個人的には圧倒的に挿し型の方が使いやすいですw
扱いが容易な点と安定性が高い点が遊びやすい要因。

とは言え、どっちの優劣を決めたいと言った話ではなく、
「各スタンドのメリットデメリットを理解すれば使用の幅が鬼広がる」
と言った点を伝えたかったんですね。
旧リボルテックのク●スタンドでもこれくらいの事こんな事が出来る様になりますからね。
固定観念を捨てて、ポーズにスタンドを合わさせる、くらいのスタンスでスタンドを使い倒してやりましょう!

もう上記だけで1記事消費してもいい勢いですがw
本題の魂ステージマーベルスタンドの話しへ戻ります。
以下、スタンドを活用したポージング集。

 

スタンドポージング集

P1140911 P1140910
ダッシュ。
可動軸が多いため微調整がしやすい点がgood。

P1140913 P1140912
アントマンキィィィック!
空中ポーズでも問題なく保持。

P1140915 P1140917
うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!
いつもの殴りかかりも楽々。


P1140935
スタンドのみだと空中でポーズで転倒しがちですが・・・⇩

P1140932
収納BOX部分と連結することで、接地制が向上し全く同じポーズでも転倒しなくなる!

以下、空中ポーズ用の基部を用いてイロイロアクション!
※スタンドが主役なのでスタンドがセンターよりの画像となるのであしからず。

P1140936 P1140937 P1140940
BOXと連結しただけで結構ムチャなポーズでもマッタク転倒しなくなります。
これは捗る!!

P1140944
懐かしやファーストウォーマシン。
リメイクはよ!

P1140945 P1140946
基部に乗せるカタチになるので、どんな角度難なくポージング可能。

P1140948 P1140949 P1140951
お馴染みの飛行ポーズもバッチリ。

ちなみに⇩
P1140989 P1140987
B社の商品であれば問題なく対応。

P1140954
もっと言えば穴さえ合えばどのフィギュアにだって使えますw

最後は通常の基部でイロイロポーズジング!⇩

P1140955 P1140958
ストレンジと言えば空中浮遊!(足首ヤバw)


P1140960
「やあみんな!」


P1140962
キャップダイブ!

P1140963
シールドスロー!

P1140964
別角度。

P1140965
シールドシュート!

P1140966 P1140967
磁力キャッチ!


P1140968 P1140971

ウ ソ 予 告




P1140978 P1140973


アベンジャーズ!アッry



P1140974 P1140975
別角度でパシャリ。

最後はアーツアーマー大集合で〆!
P1140984 P1140986
実際こんなんなってますw

 

総評・価格帯


P1140972

以上、「S.H.フィギュアーツ 魂STAGE MARVEL Ver.」でした!
魂STAGEは付属のもので間に合っていたので新たに買い足すことはしていませんでしたが、
マーベルバージョンかつ収納BOX&新たな基部が付くと言う事で、マーベルファンとしては捨て置けず購入w

一般販売では長い事バージョンアップがなされていませんでしたが、スタンド下部を箱状のものにすることにより、重量にたえうるバランスを獲得。
さらに、収納BOXの役割もできてまさに一石二鳥。
意外と大き目のパーツも入り、量も結構入ります。

普段から収納BOXとして使うと言うよりは、その時に遊んでいるフィギュアのパーツを入れておくのに丁度いい、と言った感じでしょうか。

新たな空中用クリップも「フィギュアを乗せる」事により安定感が向上。
思った以上に遊びやすく、使い勝手がよかったです。

短所としては、支柱が1つしか付属しない点と、複数欲しくなるモノにも関わらず、昔のリボルテックが1つ買えるほどの値段設定が気になりますw


マーベル好きなら1つは持っていても損のない、使い勝手のいいスタンドです。コレは買い。






スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA