Skip to content

某アメフト問題 思ところアリスギィー!

Last updated on 2018年5月26日

どうもこんばんは!さい太です。

先ず、タイトルの内容に入る前に一つだけ。
当ブログは「ホビーレビューを中心としたブログ」と言うテーマがあるので、
こう言った日常系の記事掲載は避けるべきと思ってました。
ので、別ページ作ろうとかそれ用のブログ作るかとか色々考えてました。
(全体の統合性とかとれなくなるし、誰得ですしね。)

でも、空白期間を経て、なんか色々吹っ切れて
「自分の媒体なんだし、縛らず好きな様にやってみるか!」
と思い至りまして、今回は公開してみる事にしました。

今後も低頻度ながらもこう言った記事の投稿もあると思います。
また今後はちょいちょい自分をさらけ出していくスタイルで行きたいとも思ってますw
まあこの手の記事は自分用の日記だと思って流して頂ければと思います。

クッソ真面目に長々語っているので、楽しい文章ではないとだけ言っておきます。
※あくまでもニュースで見た範囲での感想ですので、その範囲でしか語れていません。

それでは、以下本文↓

スポンサードリンク

始めに、この件に触れた経緯

さて、今月はTVやネットのニュースで見ない日はないくらい話題になってしまっている
「某アメフト部の反則問題」
本来、私はこういったネガティブなニュースは自分の精神衛生上スルーする傾向にあります。
気になればニュースの内容なんて誰でも知ってるので、知ってる人に聞くだけで十分ですしね。

もちろん、この問題もちょろちょろ目にする日はありました。でも、
「どうせ、私はやってません言ってませんでモヤったまま終わる系だろ」
って思ってスルーしていました。

先日、TVをつけたら宮川選手の謝罪会見が目に入り、
ところどころ自分の身に起きた事と重なる部分があり、思わず見入ってしまいました。

体育会系、スパルタ指導、身内経営、年功序列、意見が言えない関係、追い詰められた環境、謝罪、辞任…。

上記は環境はまあ別にそれ自体は悪くないのですが、悪い方向に向くとホントに質の悪い環境になるんですよ、こいつら・・・。
で、この環境が良くなるか悪くなるかは完全に指導者次第になります。
指導者、上司、先生、先輩、親、兄弟etc…。
たかだか1、2人の人間の影響で周りが不幸になる環境って、
ホントにクソだなって思います。(言葉が汚いぞ!)

それでは、やや話がそれましたが、宮川さんの会見と、指導者側の会見で思った事をザックリと語っていきたいと思います。

どちらが言ってる事が正しいのか

さて、こう言った問題で必ず起きるのが「我身が大事」です。
話しの食い違いなんてあたりまえ。その人の行いの良し悪しは一旦置いておいて、みんな我身が大事です。
それは当然の感情です。私はそれ自体は否定しません。

私が問題視するのは「罪を認めているか否か」です。
これに関しては宮川さんは素直に認めていると感じました。謝罪を前提とした会見を開いてますから。
周りの制止も振り切って、名前も伏せず、逃げも隠れもせず、堂々とカメラの前に立つ。

悪い事をしている身で、こんな事そうそうできるモノじゃないですよ。

尊敬できる行動です。私なら嘔吐して胃と尻に穴があいて病院搬送で終了です。

また、第三者(ご家族や代理人の方、部の先輩、被害に遭われた方など)も反省の意を承知している点。
宮川さんの会見内容に関しては、彼の意思や第三者の発言からも、信憑性が高いと感じました。

でもね、私はね、そんな細かい事は抜きにして、
もっと単純な話しだと思うんですよ。

傷つく事を言われた人間はその言葉を一生覚えてる。

今回の件についてはこれなんじゃないかなって思います。
相当色々言われて追い詰められていたみたいで、それを事細かに語っていましたから。
その時々に受けた言葉は、本当に彼の胸に突き刺さり、今も苦しんでると思います。
指導者達に何か言いたい事はあるのか系の質問にも答えるのを控えていたから、
本当に2人の事を怖いと思ってるんだなって。
言いたい事がない訳ないでしょうに。それを堪えて・・・立派すぎ。

これに対して指導者側の会見。
案の定「我身大事ムーブ」はまあだよねって感じでしたがw、
私の率直な感想は

何故こんな問題になってるのかまるで理解してない

と感じました。
コーチの方が「私の指導で結果として彼を追い詰める様なカタチになってしまった事は申し訳ない」
的なことを言ってましたけど。
言葉通り、具体的になにが悪かったのか言えてないですよね。
何が悪いか理解してなきゃ「ごめん」て口で発してるだけ。
原因がわかって無きゃ何を改善すればいいかも分からない訳で。
次に繋がらないですよね、これでは。

また、「ほとんど覚えてない」とか「言ってない」とか「それは言った」「でもそれは言ってない」とか断片的で曖昧な受け答えばかり。
結局、普段からそう言った言動を日常的にしているから彼に何をしたか印象になんて残ってないんでしょうね。
イジメと似たようなもんです。やられた方は一生モンです。
物事の良し悪しの判断よりも前に「アイツをイジる」が優先されちゃってます。
で、イジメの目的って着地点としては「自己顕示」だから悪いなんて思わない。
オレハワタシハヒトヨリスゴイってやってるだけだからね。それを満たすのに人を使ってるだけ。
だから悪い事してる意識がない。だから印象に残らない。

スポンサードリンク

今回の件に置き換えるなら「指導」だから悪いと思ってないんでしょう。
自己顕示欲は、自分の中にある正義(指導)を相手に実行させることってトコですかね。

言葉の上では言ってないとは言ってたけど、
それ以外の言動でそう言う意図がある事を伝えてる可能性が高い様に思えました。

 
まあでも、指導側の会見で何よりもオモシロかったのが司会者でしょw
出しゃばりで、過剰に言葉遮ったり、誰も見なくていいだの、品位は落ちないだの、
取っ散らかしまくっててコレに関しては流石にコーチと監督が可哀そうだったわww
一応、お二方は会見を真面目に受けるつもりはある様だったので。

まあでも、完全に墓穴掘ってましたね。
前監督は大学で相当権力もってるみたいですから。そら居なくなられちゃ困る訳で。
やましい事がなければ遮る必要性もないでしょう。

年功序列の恐怖

個人的にはですけどこれはこの大学に限らず、そろそろ年功序列も時代に合わせて改善してかないと、
今回の様な問題は永延続けることになると思います。
いつまで戦後復興期の制度でいくつもりなのだと。

結局、前監督が大学で権力持ってて、誰も口答えできない状況だったらしいので、
そう言った状況で指導者がアレだと問題が多発する訳で。
(相〇とかもそうだったけど。)

「Noと言えない関係は健全ではない。」
これは自分が社会人になってから師と慕っている方から頂いた言葉です。
年功序列を真っ向から逆を言く、それでいて核心をつく言葉でもあり衝撃が走りました。
そんな関係から得られるものは何もないと。
世の中NOと言えない事だらけだから、
プライベートではそう言った人脈を残していきたいですね。

なんか、こう言う問題があるとやたら若者が「軟弱」「すぐ辞める」「長続きしない」って話しになってきますけど「その制度が時代にあって無い」って側面もあると思うんですよ。
前監督にとっては自分が受けてきた事(スパルタ指導)だから白だと思っていても、
今の若者にとっては黒だと思えること、そう捉えてしまう事もたくさんあんじゃないかなって。

そもそも「はい!私ゆとりになりたいです!」って言ってゆとりになった子供なんて誰一人居やしないんですよw
大人が勝手にそう言う(教師を休ませる)制度を作って、そう言う環境に子供たちを強制的に置いて、それがうまくいかなかったら「ゆとりが~」「今時の若者は~」って言い出して。
一概に子供だけの責任とは言えないでしょう。
ゆとり世代でも立派な子は立派だし、社会的地位がある人でもアレな人はアレでしょ。
今回の件も、そう言うことでは・・・。
日本の肩書重視社会、怖スギィー!

表に出てる人たちだけが全てじゃない

今回の件、宮川さん、コーチ、前監督にばかり目がいきがちですが、
そもそも本当の被害者は「タックルされた選手」ですから。
そこはもっとちゃんと取り上げられて、支援を受けるべきなんじゃないかと思ったりもします。
(お父様がいろいろアクションを起こしている様ですが。)

あとは「大学の在校生」と「教員」の皆さん。
少なくともここ1年は枕詞で「あ~タックル問題の大学の」て言われる可能性が。。
本当に、1、2人の人間が原因で大勢が泣かなければいけない状況、やるせないですね。。

私的制裁、だめ絶対

最近のネット文化の発展の影響で情報が得やすくなった反面、新たな問題も。
私コレ大っ嫌いです。私的制裁
確かに気持ちは分かります。
悪い事した人間がコレと言った制裁も受けず問題が終わるのはホントに歯がゆいですよね。。

でもね、相手が悪いからって危害を加え良い理由なんてない
危害は危害。攻撃は攻撃。迷惑行為は迷惑行為。どっちが先も後もない。
相手に何かした時点でもうそれは加害者ですから。行いによっては犯罪になります。

Twitterとかでもそこそこ見かけることがあって、
若い子とかそこまで深く考えずにやってる面もあると思うんですが、
嬉々としてやってる姿を見るとなんだかなぁって感じです。
でもね、最後に責任を取るのは自分だってことは忘れないようにね。
自分に矛先が向いた時に周りがどうなるか、良く考えて。

それのお陰で大学にイタズラ電話が多発してる様ですが
ダメージを受けてるのはなんの罪もない電話口の教員ですよ。

 
以上、某アメフト問題で思う事、でした。
いやはや、やはり書いてて思いましたが、精神衛生上よろしくないですね、こう言うの。
ネガティブな情報はやっぱりネガティブだし、そもそも柄じゃないですw
でも、冒頭でも述べましたが、上司に理不尽な目に遭わされたとか、その厳しさあって今にまで至れてるからって悩みもあったり、退路を断たれた状況に追い込まれたとか、もろもろ自分と重ねてしまって、なんか居ても立っても居られなくなってしまって。
でも、ブログ的にはもう追いませんw(個人的にはオチだけは知っておきたいかなと。)

ちなみに、いろいろ書きましたけど、完全に指導者側が悪いとは思ってないです。
主張された意見が否定された以上100%ではないので、現時点の印象ですね。
残念ながら宮川さんにも落ち度はあると思いますし。。
今回の件は完全な第三者が調査に入る様なので、そこで白黒ハッキリするでしょう。
一日でも早く自体が収拾する事を願いっています。

最後に、上から目線と言える部分もあったかと思います。大変失礼致しました。
そう言ったつもりは一切なく、ただ思いつくことを書きなぐった次第です。
冒頭でも触れましたが、自分用の日記みたいなものですので悪しからず。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA