Skip to content

S.H.フィギュアーツ アイアンマン42 レビュー

Last updated on 2016年11月23日

バンダイ「S.H.フィギュアーツ」シリーズより、アイアンマン3「アイアンマンマーク42」が登場!

p1130399

メーカー バンダイ
ブランド S.H.フィギュアーツ
発売日 2014/9/20 (再販:2016/9/22)
希望小売価格 ¥ 6,264(税込)

映画「アイアンマン3」当時に発売した42が、
ホールオブアーマープロジェクトの企画に伴い再販!
アイアンマン3のメインアーマー「アイアンマン マーク42」。
※当レビューで紹介しているのは初回版です。
※プロジェクト第一号の「トニースターク」のレビューはこちら↓

スポンサードリンク

 

BOX

 

p1120779 p1120782
・箱前後
サイズ、デザイン共に標準的な仕様。
マーク42のイメージカラーと合わせたデザイン。

 

素体・仕様

p1130313 p1130314
・全身
サイズ:約155mm
可動個所:約22箇所

アーツ的にはアイアンマン素体はマーク6に続いて2体目。
もう2年も前か。そう思うと、たった2年で結構の数が出ましたね、アーツアイアンマン。
主に金色がメインカラーとなり、普段とは逆のカラーリングで大幅イメージチェンジ。
造形は6に比べればかなり劇中のイメージに近くなった印象。

p1130312
・サイズ比較
マフェックス・figma・マーク42・電池・リボ
サイズは1/12サイズ帯では標準的な大きさですね。

p1130558
・付属品一覧
オプションハンド(リパルサー用ハンド、平手、チョップ型平手)各左右
リパルサー×2
脚部用ジェット噴射×2 手首用ジェット噴射×2

アイアンマンはコレ以降、この内容がテンプレセットになります。
エフェクトすら一緒w
ですが、使いまわしが出来るので紛失しても流用可であったり、
どれでもOKなので遊ぶ時の管理が簡単になったり、なんてメリットもw

p1130316
・バストアップ
顔、マーク6よりはアレンジは薄いですが、若干アレンジが入った造形。
リアクターも原作通り細かく造形されています。
また、金色の塗装も単色ではなく、3色ほど色分けがされています。

p1130317 p1130318
・下半身&背面
劇中では可変・変形式で装着するため、積層された装甲が再現されています。
重なった装甲ラインやむき出しのパーツなど、42独自の造形でオモシロイ。

p1130319
・手甲パーツ
アイアンマンフィギュアで何気にポイントになるのが手甲の処理。
一体化してたり、手甲が独立してたりと様々ありますが、
本品は着脱式。
左右それぞれ造形が違いますが、ぶっちゃけどちらでもハマったりはしますw

ただ、これがまあ良く取れる。

グッと差し込むと普通に指についてくるし、ポージング中も簡単にポロります。
ただ、2016年に再販されたバージョンでは、受け口の軸が長くなっており、
こちらの問題は解決されているそうです。
フィギュアの再販でバージョンアップは結構あったりするので、これはありがたい仕様ですね。

p1130320
・可動域1
180度開脚可。腰、脚部の根元の軸が可動するため広範囲に可動。(後述)
腿軸も可動。胸部の屈みは小さい反面、反りは深く可動。飛行ポーズ用ですね。
腕は360度回転。肩パットも可動するため可動の妨げになりません。
首も顎を引くには少々難しい造形。

p1130322
・可動域2
脚は90度まで上げることが可能。
足首の前後は大人し目ですが、内側にはよく曲がります。
胸部、腹部は左右にロール可能。

可動テンションは問題なし。
むしろ固めなくらいで、「可動域1」の画像の様に片足で自立できるほど安定感あります。

p1130339
・脚部の付け根の可動機構
腰に軸が仕込まれており、独自に上下に可動。
これにより腰パーツに干渉することなく、深く可動させることができます。
これはオモシロイ。

 

アクションポーズ集

p1130325
・床パン
アイアンマンでは定番中のド定番。
腰の可動軸が優秀なため、ほぼ原作通りのポーズが可能。

超余談ですが、3の床パンは膝浮いてるんですね。
物理的に腕と左脚の負担ハンパないヨw

p1130340 p1130327
アーツは頑なに手首を反した平手を付けないですねw(2回目)
強引にそれっぽく。

p1130341
う~ん。「オッス!」って感じに見えてしまうw
チョップ型平手って使い道がムツカシーですね。
親指が立ってれば定番のリパルサー発射ポーズになるんですが。

p1130336
ウルトラヒーローっぽくなる。

p1130332
うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!

p1130337
アイアン42キィィィィィィィック!!!!!

p1130326
アルティメット・ユニビィーーーーッム!!!!!

p1130335
おっさん走る!
rmg
ランニング(アイアン)マン(今度は動くぞ!)

p1130348
にっこにっこn(やめろ!)

手首を活用した結果がコレだよ!

p1130400
掘ーる雄アッーマープロジェクト♂(いい加減にしろ!)
すみませんちゃんとやります。

 

エフェクトパーツ集

p1130356 p1130357 p1130364 p1130367
・飛行ポーズ
胸部、首が飛行ポーズ向けに可動するので問題なくポージングが可能。
エフェクトが使用できる手首は平手に限られてますが、特に問題なし。
もうちょっと肘が外に反れれば完ぺきなんだけどな。

スポンサードリンク

p1130398 p1130329 p1130342 p1130344 p1130346 p1130347
脚部のみで。
ジェット機から乗員救助した時のあの一体感と高揚感は未だに忘れられないですねw
よくよく考えたら、パーツ個体で飛べるんだよなこのアーマー。。
いや、考えるのはやめようw

p1130349 p1130361 p1130350 p1130352 p1130353
・リパルサー
造形、装着具合ともに問題なし。
ポージングが捗りますな。

p1130358 p1130359 p1130360
飛びながらリパルサー!

 

初回特典「トニー’sソファー」

p1120783 p1120784
・箱前後
折角なので初回特典で配布されたソファーにも触れていきましょう。
いつもの白箱。6面すべて対象の絵柄が印刷されている簡単なもの。

p1130368 p1130369
・ソファー前後
プラ製でシンプルな造形。
毎度思いますが、特典でこのレベルのものをくれるってバンダイすんっごく太っ腹。
2つ組のクッションは一体化しています。

p1130371
・裏面
スカスカなので軽く扱いやすいです。
クッションの裏面はあんまり見たくないなーwと、鳥肌が!

p1130374
衝撃の映画のワンシーン。
よりにもよってココのシーンの為だけにコレか!とも思いますがw
大きさが1/12のサイズ帯なので流用遊びが可能です。

p1130375
おかえり~♪

p1130376
この映画泣けるわ~。

p1130377
無理、今日はマジでもう無理。

p1130378
犬神家の一族

p1130379
あつい~ヒマ~。
これはクッション込でかなり楽しめますねw

p1130381
ダイナミック着席だ!

p1130382
あーーーーーーーーーーーー!!!!!!!

p1130383
ッッッッッッ!!!!!!!!!!!!!
ダイナミック着席失敗。

p1130393 p1130388 p1130397 p1130390

p1130394
「(♯^ω^)コノロリコンドモ!」

映画のシーンもろもろは「トニースターク」のレビューで行ってますのでご参考下さい。

総評・価格帯

p1130102
「S.H.フィギュアーツ アイアンマン マーク42」レビューでした。
アーツではアイアンマン第二号素体ではありましたが、マーク6の時と違い、
極端なアレンジもなく原作に近い造形で登場。
リアクターの造形もリアルで、積層されたパーツの分割ラインも綺麗に再現されていてcool。

可動に関してはフィギュアーツでは定番ともいえる可動域。
特に腰の軸可動はアーマーの太目の腿パーツに対して干渉することなく、
難なくポージングが可能と考えられた機構。
関節テンションも固めでポージング保持の安定感は抜群。

初版では手甲がレッツパーリーかましましたが、再販版はそこが改善されているそうなので、
思う存分遊べそうです。
今なら早くも値崩れしてますしw、買えなくなる前に買うがベターかなと。

再販版であれば手首問題もクリアしているので、
微妙にアレンジが入った造形に抵抗がなければオススメできるお品かと思います。
ソファーはオークションなどで単品1000~2000円ほどで買えるので、
チェックしてみるのもアリかと思います!

[rakuten]digitamin:10163302[/rakuten]
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA